スポンサーリンク

ガラケーの友人、スマホが必要な人なのに・・苦悩の日々

未だにガラケーの友人がいる。

40代後半のシングル女性である。

拘りがあってのガラケーではなく、経済的な理由でのガラケーである。

私と違い、友人が非常に多い人で、しょっちゅう誰かと食事や遊びに出かけている。
連絡は、メールか電話だ。ラインはしない、というかできない。
ネットもしていない。

こういう人こそスマホが必須アイテムだと思うのだが。

悲しいかな、彼女の場合、その交際費が家計を圧迫し、スマホが買えないのである。皮肉なことである。

そして、ガラケーであるがゆえの笑えないエピソードがいくつかあるらしい。

許される範囲で書かせていただくと・・・

友人4人との待ち合わせで、約束の時間に皆がなかなか来ない。

一人二人来た後、いつも遅刻するA子さんが、30分ほど遅れて来た。

「遅れるなら、どうして電話してくれなかったの?」と、詰め寄る友人。

A子さんは、他の二人にはラインで遅れることを連絡していたのだ。

ガラケーの友人には、電話する暇がなかったそうだ。
または、誰かが連絡してくれるかもと思っていたふしがあるとのことだった。

他にもある、最近の話だ。

ある朝、彼女が電子レンジを使おうとすると、うんともすんとも言わない。

とうとうつぶれたか。
(関西では、壊れたことをつぶれたと言います)

「レンジつぶれたら、めっちゃ不便やわ~。
週末、電器店に、買いに行かないと。」

ケーキを焼こうと買ったオーブンレンジ。
オーブンを使ったのは、最初の頃だけで、あとはチンするだけ。かれこれ15年も使ったらしい。
まあ、私もよく似たものだが。

「ネットで注文してあげようか?
届け先を、あなたの家にすればいいだけやから。今、注文して明日には届くよ」といい、私のスマホであちこちサイトを見てもらった。

イマイチだったのか、そこでは注文までは及ばず。価格や機能を調べていた。

週明け、彼女に「どう?買った?」と聞くと、まだレンジを買っていないとのこと。

理由を聞くと、頭痛がひどくて買い物に行けなかったらしい。
彼女は、片頭痛もちだ。

あぁ、なんということ。

ネットでポチッとするだけで、買い物に行かなくても買えるのに。

何よりネットなしで生活できているのが、不便ではないのかと思う。
いやいや、元々ネットをやっていないのだから、不便も何も感じないのだろう。

私は、決して彼女を哀れんでいるのではない。
どうしたら、スマホが買えるようになるのかを考えているのだ。

そうだ、格安スマホという手もある。
それには、本体を中古屋かネットで買い、接続業者を自分で選ばなくてはいけない。
果たして設定とか、自分でできるのかな?
協力するのはやぶさかでない。
交際費を削るのが一番早いような気がするのだが。
どうするかは彼女次第だ。