スポンサーリンク

かじえもん式→セスキ水で網戸掃除

毎朝の仕事で、パソコンに売上入力をしている。

先輩の気配がないと分かると、同僚とちょっとお喋りする。
(もちろん、手は動いておりまする)

同期は、10歳ほど年下だが、妙に波長が合う。

こんなとき、どうするかとかいう質問があると、たいてい同じ回答をする。
考えていることも大抵は同じ。

暑いと感じるタイミングも同じ。

こんな人に会ったのは、初めてだ。
 

「かじえもん」

そんなワードが同僚の口から飛び出した。

なんだ?

ドラえもんの親戚?

どうやら、お掃除が得意な芸人さんのことのようだ。

あぁ、それなら私もテレビで見たことある。

プロ顔負けで、何十種類もの洗剤を持っているらしい。
元プロだったかな?

料理も得意で、本職のお笑いより、家事でのオファーの方が多いのだとか。

なるほど、それで家事えもんなのだと分かった。

掃除って、なかなかスイッチが入らないけど、一度入ると夜中だろうが水まわりなど、とことんやってしまう。

厄介な性格なのである。

日曜の昼間、久々にスイッチが入ったので、網戸の掃除の仕方を真似してやってみた。

お風呂で使うナイロンタオルとセスキ水で、一見綺麗な網戸を拭くと、
あらビックリ!

すごい汚れが取れる。

古いナイロンタオルで充分だし、タオルのでこぼこ具合が汚れを取るのにいいんだとか。

シンクの汚れは、小さく切ったデニムと重曹で落とす。

いや。ほんとに、すごいわ。かじえもん